若手(第二新卒)の転職、思うがままに。

第二新卒で転職した僕(金融→大手人材)。20代の転職や今後のキャリアについて書いていきます。石の上にも三年とか、時代にそぐわないアドバイスが嫌い。依頼頂ければそれに関する記事書きますので、何でもどうぞ。

転職エージェントの選び方

f:id:eleven_month_retirement:20180505134036j:plain

こんにちは、きちんです。

 

早速ですが、

今日は「転職エージェントの選び方」について書いていきます。

 

先に結論を申し上げると、

『どこを利用しても良いが、自分の軸を決めた上で、しっかりとキャリアアドバイザーにそれを伝える事が出来るのであればどこでも良い』

です。

 

目次はこんな感じ。

 

【スポンサーリンク】

 

大手のエージェントってどんな感じなの?

大手のエージェントはとにかく多くの企業を受験するよう促してくる所が多いです。

キャリアアドバイザーも営業数字を追っているので、企業によっては、受験企業数をKPIに置いている所もあるとか。最初の面談で自分の意向をしっかり示さないと、『練習だから』『第二新卒はスキルがまだないから、数を受けないといけない』等と、意味の分からない事を抜かし、全然興味のない所まで受けさせられた、といった声をよく耳にしました。勿論、しっかりと本気で取り組まれているエージェントもいることは間違いありませんが。

 


第二新卒等の若手の方はお金などの関係で、次が決まるまで退職できない方からしてみるとこのようなやり方は好ましくありませんよね。

エージェントが自身の軸に合っていない企業を大量にオススメしてくる為、企業をもう一度自分で仕分ける必要もありますからね。

 

ただ、大手の方が圧倒的に扱っている案件が多いのでそこは大きなメリットにはなります。

 

 

中小規模のエージェントってどうなの?

正直に申し上げて、メインで利用するにはこちらをお勧めします。

理由は以下に記載していきます。

中小規模の所には、専門性の高い所が多い

例えば、金融専門やコンサル専門、外資専門など。そして、もちろん専門性を売りにしている位なので、業界・業種に関する知識が豊富。

実際に面接の練習や、これまでの受験者が実際に受けた質問などが蓄積されている場合があります。 


受験者に合わせた案件を的確に送ってくれる(探してくれる) 

これは私の実感ベースなのですが、面談に凄く力を入れています。

中小規模のエージェントは大手に比べて集客能力が高くない為、少ない顧客(転職者)をいかにクライアント(企業)に送り込むかが大事になってきます。


ですので、受験者の経歴や志向等をしっかり面談で把握し、受ける企業なども厳選してくれます。

 

勿論こちらから、●●を受けたいと言えば、案件があれば応募させてくれます。

また、上述のような問題があるので、受験者に対する対応もスピーディです。
顧客が他のエージェントに流れては困りますからね。

 

 

やはり、転職活動は精神的に厳しいものですので、

誰かに悩みや考えを聞いてもらいたくなるものです。

 僕の場合は第二新卒としての転職ですので、エージェントの方(30歳半ば位かな)は兄貴分的な存在でした。

こんなやり方もある

また、僕もそうだったのですが、大手エージェントで求人情報を調べて、中小エージェントに連絡して応募するという方法です。

先に述べた通り、中小規模のエージェントですと扱っている求人数が大手に比べて圧倒的に少ないです。でももしかしたら、自分が利用したいエージェントでも取り扱っているかもしれません。また、場合によってはエージェントが新規に求人を貰ってきてくれるかもしれません。 

 

どんな担当者がいいの?

 次にエージェント(担当者)の選び方について少し記載したいと思います。

2つありますので、以下をご確認ください。 

 

無理なものは無理と言ってくれる

求人票には経験不問と書いてあっても、実際は経験年数3年未満は自動的に切っている場合もあるので、そこに応募して結果を待っている時間は無駄ですし、気持ち的にも落ち着きませんよね。


ですので、「そこは経験年数で自動で切っているので厳しいです」と言ってくれる、

保有している情報を鑑みて適切にアドバイスしてくれるエージェントがいいですね。

 

エージェントが自分の今後のキャリアを考えてくれている

これは本当にエージェントの能力に依拠します。僕が利用していたエージェントから言われたのは

「A社の方での業務は今後のビジネスの潮流を見ると確実に市場価値が高まるものですね。ただ、●●という能力を高めたいというのであれば、圧倒的にB社ですね。」

といったような内容です。

 上記ではA社とB社と記載しましたが、年収で見るとA社の方が圧倒的に高かったので、
エージェントとしては年収が高い方へ応募者を送り込みたいところではあると思うのですが、親身になってアドバイスをくれました。

 

 

まとめ

上記の内容をまとめると、

・自身の軸をしっかりと持つ

・軸をしっかりとエージェントに伝える

・今回の転職を成功させるだけでなく、

 今後のキャリアを考えてくれるエージェントを利用する

 

 

以上です。

 

ご感想やご相談お待ちしています。

 

 

 

きちん