転職活動:自己PRは必ず企業毎に書く

f:id:eleven_month_retirement:20180408162911j:plain

こんにちはきちんです。

 

本日は履歴書の『自己PR欄』について書いていきます。

 

結論から申し上げますと、タイトルの通りですが自己PRは企業毎に書いてください。

 

目次はこんな感じ。

それでは早速 

【スポンサーリンク】

 

 

 

自分が書類選考をする人だったら

今回の記事に関しても、自分が書類を確認する人事の立場だったら、という観点が重要になってきます。

転職活動をしていくと、自分の知らない行愛や業種を目の当たりにして、やりたい事が変わることは往々にしてあります。

 

例えば以下のようなケースです。

営業経験者が他の業界の営業職に転職したくてエージェントに登録。
履歴書を作成し、転職活動を開始。
ただ、エージェントから数値分析に強みを持つことを評価され、
経営企画職を勧められたので応募した。

 


ありそうですよね? 

ただ、このケース、応募する際に送付した履歴書(自己PR)は営業職に転職したかった自分が作成した文章です。

 

 

自分が人事だったらどう思いますか。

『なんだ、この人営業職を志望してるんじゃん。』

となりますよね。

 

なら全部の企業に当てはまる物を作れば良いのでは?

 《そうならない為に、全ての企業に当てはまるような事を記載すれば良いじゃん。》

 

そういったご意見もあるかと思います。間違いではありませんが、私はそれでは不十分だと思っています。


可能であれば冒頭に記載した通り、企業毎に、時間などの制約上難しければ、職種毎に自己PRを作成してください。

なぜなら、人事としても、送られてきた履歴書に自社向けの自己PR、なんなら企業名が入っていたら嬉しいですよね。スキルや経験がなくても熱意は必ず伝わります。

 

若手の転職者が多くなっている中で、少しでも差別化するには、あらゆる工夫をする必要があります。

 

 

一緒に頑張っていきましょう。


今回は少し短いですが以上です。

 


それでは次の記事で。

 

コメントやご感想お待ちしています。

 


きちん