若手(第二新卒)の転職、思うがままに。

第二新卒で転職した僕(金融→大手人材)。20代の転職や今後のキャリアについて書いていきます。石の上にも三年とか、時代にそぐわないアドバイスが嫌い。依頼頂ければそれに関する記事書きますので、何でもどうぞ。

志望動機は必ず『経営者目線』で語る

f:id:eleven_month_retirement:20180408161907j:plain

 

こんにちは、きちん(@Kichin_Info)です。

 

お蔭様でアクセス数も徐々に増えてきました。
この場にて御礼申し上げます。

ありがとうございます。


さて、本日は『志望動機』について記載していきます。

これまでの記事同様、『人事(面接官)の目線』が重要になってきます。


目次はこんな感じです。

早速ですが、具体的に記載していきます。

 【スポンサーリンク】

 

 

当社を志望した理由を教えてください。 

『御社の●という事業に魅力を感じたからです。』

『御社の●という事業に、私の▲という経験を活かせると思った為です。』

『御社の●●という事業に、私の▲という経験が活かせると考えた為です。
具体的には、御社の■事業については、ECサイト経由での流通量を増やすのが有効だと考えています。ECサイトの立ち上げから携わってきた私は、御社にてリーダーシップを発揮し、事業発展に貢献できます。』

  

自分が経営者だとしたら、①~③どれが良いでしょうか?

 タイトルの通りですが、経営者目線でないとダメです。

 

自分本位じゃだめ

・自分が成長したいから
・人が良いと感じたから
・事業に魅力を感じたから

 

これらはあくまでも自分目線です。

上記3点は、その企業の面接を受けている時点で、どの企業にも当てはまっていると思います。残念ながらそれでは他の方と差別化できません。

 

あなたを雇うメリットってなに?

自分を雇うことが、企業として何のメリットがあるのか、アピールする必要があります。これらは、前回の記事の企業研究をしていないと難しいかとは思います。

企業研究については以前当ブログで記載していますので、お時間ある際にぜひご覧ください。 

 

 

 

本記事は以上です。

 

●●のような企業を受ける予定で、
どのような志望動機が良いか分からない、

等のご相談もお受けしますので、
コメント等頂ければと思っています。

 

 

それでは次の記事でお会いしましょう。

 


きちん