【現役転職エージェントが語る】面接後の感想(フィードバック)は必ずその日の内に転職エージェントに伝える

f:id:eleven_month_retirement:20180408161344j:plain

こんにちは、きちんです(@Kichin_Info)。

 

本日は面接後の感想(フィードバック)の重要性について記載していきます。

面接後の感想ってエージェントに伝えるの面倒なんですよね。でも絶対伝える必要があるんです。

その理由について書いていきますので、転職活動中の方も、転職を検討している方にも読んで頂ければと思います。 

 

結論、面接を実施したその日の内(出来れば17:00まで)に、エージェントへ面接の感想を伝えましょう。

 

これには様々理由がありますので、以下に具体的に記載していきます。

 

ちなみに、当ブログはブログランキングにも参加しております!

クリックにて応援頂けると嬉しいです!

転職活動のジャンルですので、他のブログも非常に参考になるかと思います!

 

 目次はこんな感じ

 

  【スポンサーリンク】

 

 

その日の内にエージェント伝える理由

本件もやはり『自分が人事(面接官)だったら』という点を意識するとわかりやすいです。
自分が面接官だったとして、面接を実施したその日の内に『第一志望です、絶対に入社したいです。』とコメントを頂いたら、嬉しいですよね?

逆に、面接の2日後に同じコメントを貰っても、『本当に?』という気持ちになりませんか?面接官もエージェントもヒトですので、転職意欲の高い方(感想の連絡が早い方)等を優先してサポートしていきますし、採用したいと感じるものです。

 

※参考記事:以下に参考記事を載せますので、こちらも御覧頂くといいかもしれません。 

  

何を伝えればいいの?

(※企業に伝えるかはまた別の別途エージェントと相談しましょう)

・入社意欲
・どういった点に魅力(不安)を感じているのか
・希望年収
・希望入社日
・併願状況

 

入社意欲

どれだけ入社したいかを率直に伝えましょう。

例えば『第一志望で、貴社の選考結果が出るまで他の企業の選考は受けません』

なのか、

『第二志望です。先日面接を受けた●●社の方が、福利厚生が充実している点で魅力を感じています。』

 

これを伝える事によって、どうなるでしょうか。 担当のエージェントは、企業に福利厚生面を確認すると思いませんか?エージェントは全ての情報を知っている訳ではなく、
ましてや、求人票に全てが記載されている訳ではありません。
そうなった時に、エージェントは企業に確認を行い、転職者により深い情報を伝える訳です。

 『実は、こっちのほうが福利厚生が充実していたのに』
なんてことになったら、エージェントにも転職者にも目も当てられませんからね。

どういった点に魅力(不安)を感じているのか

こちらを伝えることによって、次回選考の内容が変わることが多いです。

 例えば、魅力を感じている点については、より深く、情報が提供されるような面接になります。面接の場で話が無くても、エージェントが情報を提供してくることもあります。また、不安に感じている点を伝えることも大事です。

 

例えば『残業代がきちんと支給されるのか。どのように管理しているのか。残業が発生していないかのように労働時間を調整して申請しているのではないか。』
等ですね。

 

残業や福利厚生に関しては内定を獲得された後でも良いですが、業務内容等については、必ず確認しましょう。

タイミングによっては、『え、それ今更確認するの?』となる可能性もあります。これについては、企業や企業人事の特性によることが多いので、エージェントと密に連絡を取ることが大事になってきます。

 希望年収

こちらも、具体的に伝える事が大事です。

例えば、

【年収(残業含まず)】
最低希望年収:500万円
希望年収  :550万円

といった形です。
また、年収のアップを希望する場合は、その理由を付け加えるとより良いです。

 現在の年収が500万円の方が550万円を希望されるときに、何の理由もなく、その希望を伝えると、『え?現年収500万円なのに高望みでは?』となります。

 例えば、『今年の4月に結婚し、住宅を購入した為年収のアップを希望します』
といった形で伝えると、印象が違いますよね?

 また、残業代を含めるかどうかも大事です。
希望年収500万円で伝えていたとして(残業抜きのつもりで)、第一志望の企業から内定を獲得したときに、残業代を含んだ年収500万円で提示されたらがっかりしませんか?もしかしたら事前にきちんと伝えていたら避けられた事態かもしれません。

希望入社日

実はもう退職の申し出をしていて、
●月に退職が確定しているのであれば、
選考を早めてくれること等もあります。
内定を提示された時に、自分が考えていなかった月を提示されても入社できませんよね。
しっかりと理由も添えてエージェントに伝えましょう。

 

併願企業の状況

こちらも具体的な方が分かりやすいです。

 A社とB社を受けていて、A社が第一志望、B社が第二志望だとします。

今日が20日だとして、
A社は18日に一次面接を実施し、最終面接調整中。
B社は19日最終面接を実施、企業は内定を出す方向で検討中。

 

この状況の時に、
A社に、
・A社が第一志望である旨
・B社の最終面接を19日に実施し、内定が出そうである旨

これを伝えたら、
A社は『早く最終面接を実施しなければならない!』となりませんか?

もし伝えたら、21日の夜遅い時間にでも面接を組んでくれそうじゃありませんか?

こういった理由から必ず併願状況を伝えましょう。
ただ、企業への伝え方については、エージェントとしっかり相談しましょう。

 

【その他参考記事】

www.wakatenshoku.net

 

www.wakatenshoku.net

 

本日は以上になります。

参考になりましたでしょうか。

  

Twitterでは、記事にするほどではないけども…といった内容をつぶやいていますので、フォローして頂けると嬉しいです。

 

Twitter →(@Kichin_Info)

 

それでは次の記事でお会いしましょう。

 

ありがとうございました。

 

きちん