【転職活動の面接で気をつけるべき8個のこと】少し意識するだけで結果が変わる?

f:id:eleven_month_retirement:20180408161907j:plain

 

こんちには、きちんです。(@Kichin_Info)

 

今日は[知っていると有利なこと][意識すると気が楽になること]について記載していきます。

 

本質ではないですが、転職活動を進めるにあたっては知っておいて損は無いものです。

 

目次はこんな感じ。

 

 それでは早速書いていきます。

 

【スポンサーリンク】 

 

 

面接の時の服装ってオフィスカジュアルでもいいの?

これは実際、面接を受ける会社がどんな業界・業種なのかによりますね。

ネットベンチャーなら、もしかしたらスーツで行くと浮いてしまうかも?面接官がデニムで出てきたって話も良く聞きます。

ただスーツならば間違いは無いですよね。

これに関してはエージェントに確認してしまうと、

「そのくらい自分で考えられないならこの企業向いてないよ」

と思われてしまうかも。

本当に聞きたい場合はその理由も合わせて伝えましょう。

例えば、「現職ではオフィスカジュアルで勤務しているので、スーツで行くと転職活動をしていることがバレてしまうのでオフィスカジュアルでも宜しいでしょうか?」

といった形ですね。

ただ本音を言えば、本気でその企業に行きたいのであればコインロッカーにスーツとシャツを預けておくなど幾らでも手段はあるのでそこはご自身で判断しましょう。

面接開始時のちょっとした雑談でロッカーに預けた話をしたら、志望度が伝わるかもしれませんね。

 

面接開始の何分前に行けば良いの?

これは5分前位が良いでしょう。

理由としては、転職者が来られたら会場への案内や、場合によっては役員等多忙な方への報告もしなければならない可能性もあります。会議室がまだ空いていない等となれば、受付で待って頂くしかなくなり、企業側としても申し訳ない気持ちになってしまうかも。

というより面接でなくとも、人と約束をしていて呼び出すのって大体5分前位が多いですよね?早すぎると迷惑ですし単純に常識が無い人だと思われますので、ちょうどよい時間帯に伺いましょう。

面接開始時間に間に合わないかも!

とりあえずまずは企業へ電話しましょう。事前に緊急連絡先を教えてくれるエージェントが多いと思います。もし分からなければ急ぎでエージェントに電話しましょう。無断で遅刻は言語道断です。関わっている人全ての人に迷惑をかけることになるので、ここの連絡は徹底しましょう。

連絡手段に関してはメールではダメです。必ず電話にしましょう。

エージェントは貴方だけを担当している訳ではなく、多くの方を担当しています。メールが見られない時もありますので、必ず電話で遅れる理由を明確に伝えましょう。

もしも全然間に合わない場合も同様です。30分以上遅れてしまう場合はおそらく面接はキャンセルになりますが、再度の調整を依頼する旨を謝罪と共に明確に伝えましょう。

エージェント側の気持ちとしては、一度でも遅刻した転職者にはあまり注力しないこともありますので、遅刻は絶対にやめましょう。遅刻した際に企業に謝るのはエージェントです。エージェントから嫌われても良いことはありませんので、気を付けて下さい。

 

betsuni.hatenablog.com

受付の電話から面接は始まってる?

受付に電話があるパターンの企業があると思いますが、そこでの対応から面接は始まっていると考えてください。

『面接官じゃないから別に良いじゃん』という考えは間違いです。電話を受けられる方は恐らく面接官ではありませんが、面接官の横に座っている方かもしれません。

転職者が到着した旨を面接官に伝える際に、『今転職者の方来られましたが、全然元気ないし、ゴニョゴニョ喋っててよく分からなかった』等といわれてしまったらマイナス評価です。そんなことになっては非常に勿体ないので、受付から明るく丁寧に対応しましょう。

 

面接官が入ってきた時ってどう対応すれば良いの?

面接だからといって特別なことはありません。立ち上がって挨拶をすれば良いだけです。

『きちんです。お時間いただきありがとうございます!本日は宜しくお願いします。』

こんな感じですね。

もしかしたら面接官が名刺を下さる場合があるので、その際は交換したら良いでしょう。なので、名刺は準備しておくとよいでしょう。

 

面接官が笑わないから気まずい…

これに関しては本当に気にしなくて良いです。面接官も人なので緊張しているのかも。もしくは普段から全く笑わない人なのかも。遅い時間の面接だから一日の疲れが出ているのかも。面接官が笑わなくても選考は通過します。逆に笑ってたとしても不合格になる場合もあります。

そんなことは気にせず、気楽に『あー、面接官も緊張しているのかな』と考えておけば幾分気持ちが楽になるかも。 

 

準備してない事を質問された!

念入りな準備をして臨んだ面接で、考えてもいなかった質問をされたら誰だって焦ってしまいますよね。こればっかりは仕方がないです。

本心で答えればよいでしょう。企業の理念や事業内容に即して回答出来たらベストでしょうか。もし全く考えが浮かばなかったら、

『考えたいので少しだけお時間を頂けますか?』と聞くと良いでしょう。

無言で黙られると面接官も困ってしまいます。上の発言があることで、

『この人は軽はずみな発言をしない人だ。意見がまとまってから話し出す誠実な人だ』という印象を与えられるかも。

 

面接が終わっても駅までは気を抜いちゃダメ

面接が終わってお礼を言った後ノエレベーターホールで携帯をいじっていませんか?

面接官の方はもしかしたらエレベーターに乗るまで見てるかも。なんなら頭を下げてお見送りしてくれているかも。面接が終わっても最寄りの駅までは気を抜かない方が良いでしょう。

面接を受けた企業の従業員は周囲に必ずいます。近くの路地裏でたばこを吸っている所を見られて、『さっきうちの会社から出て行った人がそこの裏でたばこ吸ってましたけど、どちら様ですか?』などと社内で話をされたらほぼ100%お見送りでしょう。

気持ちが緩むのも分かりますが、最後まで気を引き締めて帰りましょう。

 

 

 

本日は以上です。

 

参考にして頂ければ嬉しいです。

 

それでは次の記事でお会いしましょう。

 

 

きちん(@Kichin_Info)