【現役転職エージェントが語る】営業職の面白さ・魅力(退職後も活きる財産を築く)

f:id:eleven_month_retirement:20180815213654j:plain

こんにちは、現役転職エージェントのきちんです(@Kichin_Info)

 

営業職ってノルマがあって辛そうっていうイメージがある、という話をよく聞きます。
勿論、ノルマがある場合もありますし、無い場合もあります。
ただ、それに応じた面白さ、魅力があるんです。

ということで、本日は営業職の面白さ・魅力について記載していきます。

 

ちなみに、当ブログはブログランキングにも参加しております!

クリックにて応援頂けると嬉しいです!

転職活動のジャンルですので、他のブログも非常に参考になるかと思います!

 

目次はこんな感じ。

 

それでは、早速書いていきます。 

 

【スポンサーリンク】

 

お客様との関係構築

新規の飛び込み営業であろうと、ルート営業だろうと、どのような営業職であってもこの面白さはあります。
これまで全く関わりの無かった人と関わる事が出来るのが営業職です。
企業や職種によっては、会社の看板無しでは到底会うことが出来ないような方と会うこともあります。
その方との関係構築に成功し「業者」ではなくパートナーとして認められたらとても嬉しくありませんか?
そのようなお客様を増やすと、とにかく仕事が楽しくなります。お客さん先への外回り一つとっても、その方とのコミュニケーションが楽しいので、売上成績などのプレッシャーはあったとしても乗り切ることが出来る方が多いです。

人脈を構築出来る

前の項目で記載した通りお客様と信頼関係を構築することが出来れば、それは所謂「人脈」というものです。
もしかすると貴方が転職や独立等をするときに支援をしてくれるかもしれません。
もしも転職や独立などしなくとも本当の信頼関係を築けていれば、転職後に繋がることも珍しくありません。
こういった繋がりは一生ものです。
ビジネスにおいての信頼関係は財産となりますので、仕事をしながら構築できる人脈は一石二鳥かもしれませんね。

コミュニケーション力を伸ばすことが出来る

営業職に従事する人の中でも「人とのコミュニケーションが苦手」という方がいらっしゃいます。

ですが、営業職に従事すると嫌でも人とコミュニケーションを取ることになります。
社外は勿論のこと、社内の人間とも連携する必要が出てきます。営業活動は一人では完結しない為、コミュニケーション力を鍛えることが出来ます。
得意な方はその力をより伸ばすことが出来、苦手だと思っている方は弱みを克服することが出来るかもしれません。

【スポンサーリンク】

成果が目に見える

経理や総務などの管理部門などに比べて、成果が目に見えるのも営業職の面白さの一つです。
転職の理由としてよく見かける「評価制度が明確じゃない」という物が解消されるかもしれません。会社によっては、売上成績に応じてインセンティブ等を支給していることもあり、給与アップを狙えるかもしれません。
また、成果がしっかりと目に見えるということは、昇進し易い環境かもしれません。
勿論、昇進などについては企業毎に大きく制度が異なるので一概には言えませんが、
「課長補佐まではとにかく売上成績で昇進出来る」という会社も聞いた事があります。
その先となるとマネジメント適性も必要になってくる為、別角度の努力が必要になるかもしれませんね。

目標達成する喜び

これが楽しくて営業職に従事している方も多いです。
〆日に飲み会を開催する会社も多いようです。
売上目標を達成した上で仲間とその喜びを分かち合うのは非常に大きなやりがいに繋がります。

【合わせて読んでほしい】

www.wakatenshoku.net

 

本日は以上になります。

参考になりましたでしょうか。

  

Twitterでは、記事にするほどではないけども…といった内容をつぶやいていますので、フォローして頂けると嬉しいです。

 

Twitter →(@Kichin_Info)

 

記事の拡散泣いて喜びます!

コメント、ご質問も大歓迎です!

 

それでは次の記事でお会いしましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

きちん